忍者ブログ
映画・本・音楽・食の感想や記録 リンクフリー
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
Juno Reactor『Samurai』


この動画良いですねぇ。身震いするほどかっこいい・・・。なんで外国の人がこんなに時代劇に詳しいんですか!?
この「Samurai」の為だけにCDも買いました。笑
一時期えらい回数聴きまくっていて、でも少し落ち着いていたのですが、また現在聴きまくっています。笑

拍手

PR
ゲゲゲの鬼太郎60’s(1968年)

モノクロ版の「ゲゲゲの鬼太郎」。全話見ましたが、すっっっごく面白かったです!!!70年版も勿論楽しめましたが、こちらは原作を忠実に倣って作られているだけあって、水木しげる先生の才能やパワーがどれだけ凄いものであったのかが随所で感じられました。
70年版が変化球だったのに対し、60年のモノクロ版は直球どストレート!といったところでしょうか。様々な形で人間に危害を加える(加えようとする)妖怪たちを鬼太郎が退治する、というお約束の展開ですが、敵の妖怪たちもあの手この手で鬼太郎を苦しめる。時にはねずみ男や人間が敵に回ったり、時には人間が妖怪の犠牲になってしまったり。ほんと人間の儚さをひしひしと感じました。ただ妖怪に対してはまるっきり無力な人間が犠牲になっても、その演出は割とあっさりしていますね。戦争を体験している世代の人たちが制作している影響でしょうか。「人間の死」を大袈裟に表現する現代とはまるっきり違うので、そこはびっくりさせられました。
ところで、このシリーズのねずみ男は、70年版がかなり嫌らしい悪党になっていたのとは少し雰囲気が違っていて、憎めない小悪党と言った感じでした。70年版でレギュラー化した猫娘も、モノクロ版は全65話中たったの一話のみの登場。しかも頭にリボンもなく、鬼太郎よりもお姉さんといった感じ。これが標準の猫娘だったのでしょうが、なんか新鮮に思えました。

妖怪を退治する話だけかと思いきや、「妖花」や「笠地蔵」と心温まる話もあれば、「ゆうれい電車」や「地獄流し」といった鬼太郎が直接人間を懲らしめるといった話もあります。全65話とかなり多い話数ですが、非常にバラエティに富んだ内容で全く飽きさせません。
作画に関してもCGのない当時を考えると、目を見張る部分がとてもたくさんありました。「吸血木」に出てくるのびあがりの点描風のデザインとかもう凄すぎる・・・。
同じ「吸血木」に関してですが、「花だろうが葉っぱだろうが、親は子が生きてるだけで嬉しいんじゃよ!」という目玉おやじの台詞が好きです。というか「吸血木」は好きな話の一つですね。まあ一番好きな話は「吸血鬼エリート」ですがね。笑
「白山坊」に出てくるゲストキャラの花子は、とても女性らしく描かれていて素敵でした。

あ~ほんとにこのシリーズ面白いです!白黒だからと毛嫌いせずに見て欲しい!むしろ「ゲゲゲの鬼太郎」の世界観には、白黒が一番合っているような気がします。

68年版OP


68年版ED『カランコロンの歌』

拍手

今年も桜の花を撮って来ました。
写真をクリックすると、大きいサイズで見られます。







拍手

ようやくおろちの最終話です。
実はサンデーコミックス版の5巻には『戦闘』という話があるのですが、個人的に戦争がテーマの話は苦手なので、今回すっ飛ばしています。




=======

◆血

資産家の門前家には一草と理沙という姉妹がいた。二人は仲の良い姉妹であったが、妹の理沙は何かと周囲から優秀な姉の一草と比較されていた。お稽古の先生からは勉強やピアノ、母親からは礼儀作法の細かなことで姉と比較され、叱られる毎日を過ごしていた。
理沙が小学校に上がると、教師や生徒も姉と比較するようになり、理沙自身も姉に対して劣等感を持つようになる。次第に彼女は人を避け一人で過ごすようになり、陰気な女へと成長していった。
大人になると姉の一草は結婚して門前家の後を継ぎ、妹の理沙は門前家とは縁の薄い家へ嫁入りした。こうして門前家の重苦しい空気は薄れていったと思われたが、まもなく一草の夫が病死。理沙は始終絶えない夫婦喧嘩の末に家を飛び出すと、飲酒運転で交通事故を引き起こしてしまう・・・。

======

ある姉妹の幼少から晩年までを書いた長編。おろちの最後を飾るにふさわしい名作だと思います。1話目の「姉妹」と同じく姉妹ものですが、こちらも負けず劣らず、というか更にドロドロしています。周囲の理沙に対する態度がまあ酷いこと。こんな母親って有り得んの!?と初見の時は真剣に考え込みました。ちなみに、この話でおろちは当事者と一心同体になり、挙句の果てには物凄く酷い目に遭わされます。ここもある意味ホラー。
終盤までずっと神のように優しく、自らの死も受け入れていると思われた一草でしたが、ある理由から生に対する執着が爆発。びっくりするほど醜い部分を曝け出して死んでいきます。やっぱり神のような人間など有り得ないということでしょうか。
理沙も理沙で鬼畜でしたが、でも一概に妹が悪いとも言えないです。理沙の性格は周囲の人間が作り出した結果ではないだろうか。ある意味姉も妹も被害者と言えるかもしれない。勿論一番の被害者は、復讐の道具とされた佳子ですがね。

ラストでおろちが呟くセリフ「いったい誰が悪かったのだろう?」
誰なのでしょうか?



これで「おろち」の紹介はお終いです。よく調べたら、おろちだけで一年以上もかかってしまいました(^^;)元々姉妹ものの話をじっくり書きたくて、一話ずつの紹介にしましたが、次からはもう少し纏めて書くようにしたいです。全部のエピソードを一つに纏めて書けばよかったなぁと何度思ったことか笑

拍手

数年ぶりに体調を崩して散々な一週間でした笑



=======

◆眼

おろちが町中で見かけた盲目の少女・恵子は、社宅で父親と二人で暮らしていた。
その日も夕飯の支度を終え父の帰りを待っていた恵子だったが、突如家に父の友人と思しき男性が助けを求めて駆け込んできた。事態が飲み込めない恵子をよそに、続けてもう一人男が侵入してくる。そして友人の男性は、後からやってきた男にナイフで刺されて殺されてしまう。男は恵子が盲目であることに気づくと、そのまま彼女を見逃して逃げていった。
翌日おろちが見た新聞には、恵子の父親が殺人犯として逮捕されたことが書かれていた。警察の取調べを受けた恵子は犯人の特徴と父の無実を訴えるが、盲目であることを理由に全く信用されない。途方にくれる恵子だったが、家の中に身に覚えのない物を見つける。いつも一緒に遊ぶ近所の少年・さとるの拙い説明から、それが犯人の身分証明書であることに気づいたが、自分のミスで証明書を燃やしてしまう。決定的な証拠がなくなってしまったが、それでも恵子はさとるに犯人の男を捜してくれるよう頼むのだった・・・。

=======

盲目というハンデを抱えた主人公が、信じられないほどの行動力を発揮して事件を解決する正統派なお話ですね。ある理由から、親切な筈の近所の人間は誰一人助けてくれない、本当に孤独な戦いがひたすら続きます。
最終的に真犯人は逮捕されますが、それでも微妙に後味が悪い結末になっています。恵子は正しいことをしたのだが、近所の人間からは却って避けられるようになり、父も会社に居づらくなってしまい、結局親子は社宅を出て行ってしまいます。何という理不尽だろうかとちょっと悶々。でも恵子の行動力がとにかく凄くて、何気に好きなお話です。

拍手

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
管理人
HN:
せた
性別:
女性
趣味:
昔の映画鑑賞/日本史
自己紹介:
マイペースに運営中。
日本の伝統文化や和風な物が好き。
最新記事
教育勅語
連絡先
時計
検索

Copyright (c)徒然なる日々 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]