忍者ブログ
映画・本・音楽・食の感想や記録 リンクフリー
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
上を向いて歩こう


時々無性に聞きたくなる名曲。世界中で支持されているのも頷ける。
坂本さんが亡くなられて今年で30年なんですね・・・。

拍手

PR
ゲゲゲの鬼太郎70’s(1971年)
 
「ゲゲゲの鬼太郎」は母が好きだったことが影響して、子供の頃から好きな作品でした。と言っても世代的に80年以降のものしか知らなかったのですが、鬼太郎を見るなら60'sと70’sまでが良くて後は駄目という意見を見て(実際に70’sを再放送で何度も見ていたという母も、80年以降のシリーズは嫌っていたし)、じゃあ一つ見てみるかということで70’sを全話見ました。

全話見た印象としては、怪奇ものの不気味な雰囲気はしっかり残しながら、一方で高度成長期の日本への風刺や自然破壊への警鐘を見事に融合させたなぁと感じました。
あとはねずみ男の悪どさが物凄く突き抜けていましたね。これ見ちゃうと、今時の悪役って良い子ちゃんだなぁと思っちゃう位。死神のキャラデザインも凄いですね。

特典のブックレットに当時の制作者たちのインタビューが載っていましたが、70'sの製作が決定した時点で、鬼太郎の原作は底がついていたということです。だから鬼太郎以外の水木先生の作品を原作にしているエピソードがかなりあるので、鬼太郎が活躍しない話も結構ありました。それでも本当にこのエピソードの原作が鬼太郎じゃないの?と素直に思っちゃうくらいすんなり世界観に馴染んでいました。オリジナルを作ることは考えなかったのかという質問で、脚本家たちが「アレンジすることはできるが、全くのオリジナルを作るのは無理。あの世界観は本人にしか作れない」とやめたそうです。ちゃんと原作を尊敬していたんだなぁとちょっぴり感動しました。好き勝手に改変する現代作品とは大違い。

超有名な作品なので、作品全体のことに関してはいちいち語りませんが(というか語彙力が乏しいので、どう説明すればいいのかわからん;)、鬼太郎親子が父と子である影響なのか、「父と息子」や「父と娘」をメインにした話が多かったのが印象的でしたね(父と子をテーマにした作品なんて、現代のアニメでは死滅してますから)。シリーズ中の名作と言われている「地相眼」(ちなみに母もこの話が一番好きだと言ってました)、「心配屋」、「南からの招き」、「猫又」、「アンコールワットの亡霊」、「死神と貧乏神」が特に顕著で、良い意味でも悪い意味でも家族愛というものに深みを与えてくれます。これが母と子だったらそんなに印象に残らなかったかも。
でも私が一番好きなのは「足跡の怪」です実は。笑
目鼻が顔に埋没していくあの作画は本気で怖かったし、ラストでねずみ男の「タブーとされていることを守ってきてこそ、皆が幸せになれる」という台詞は考えさせられましたね~。
それからブックレットはほんと素晴らしい内容でしたよ^^あれだけでも凄く楽しい!

71年版OP&ED

拍手

日本のいちばん長い日(1967年)


もう予告編だけでグッとくる・・・。
この時期に見よう見ようと思ってDVDも買っているのに、いまだに見ていないです・・・。はよ見なければ。
なんか今年リメイクが公開されたようですが、見る気しないなぁ。リメイクするぐらいならこちらを毎年この時期に放送すりゃいいのに。
リメイク版の宣伝を見ていると、この作品の存在は完全に無視されている気がする。こっちを消し去りたいからリメイクしたのかなと勘ぐってみたり。

拍手

ちょっと珍しいジャムの専門店「クラルテ」。とっても美味しいジャムを作っており、お気に入りのお店です。以前紹介した「トラットリア・ラ・ルーチェ」の姉妹店だそうで。

◆クラルテ
http://www.jam-clarte.com
https://twitter.com/jam_clarte


クラルテのジャムは、地元農家で大切に育てられた果物や農作物を、採りたてで新鮮なまま使用しています。お砂糖はオリゴ糖を含みお腹を整えてくれるてんさい糖を使用。素材のもつ自然な甘味を味わえる、超低糖度を採用しているため、賞味期限は短めです。(HPより)


5月から既に何回か買いに行っているのですが(クラルテのジャムを買うようになってから、お昼ご飯にジャムサンドを作るようになって、ジャムの消費が激しくなりました^▽^;)、行く度に商品が入れ替わっていて飽きることがないですね。代わりにまた食べたいと思ったジャムが次には無くなっていたなんてこともありますが・・・。まあそこはかつての日本人が大事にしていた「旬」を重視している結果だから致し方ないですね。でも季節が変わっていくと、今度はどんなジャムが出るだろうかというわくわく感もあって楽しいです。ツイッターはよくチェックしています。

素材の美味しさを味わえて、見た目もおしゃれ。砂糖を控えめにして作っているのか、ジャムだけでも食べられちゃったりします。ちなみに私が気に入っているのは「いちごとホワイトチョコのジャム」です。

キャッチコピーにもなっていますが、ほんとキュートな見た目なんですよ。そして自分好みの味でほんっと美味しい!でも季節がら、そろそろ終わりかな~(´-`)

拍手

このブログでドラマ作品について語る日がこようとは・・・。基本的には昔の映画やアニメぐらいで、と思っていたので。
当時リアルタイムで見ていた大好きなドラマでした。でもDVDを買おうとまではそれまで全く思っていなかったのですが、ここにきて再び見たい衝動に駆られ、即購入しました。

愛し君へ
研修医の四季(菅野美穂)は、学生時代の友人・利也(岡田義徳)の葬式で、彼の兄である俊介(藤木直人)に出会う。視力を失っていく病に冒されたカメラマンと、彼を支える小児科医の愛の姿を描く。(Wikipediaより)

改めて見ると、放送当時の自分ではわからなかったことがいろいろ見えてきて、もう終盤は涙がボロボロ出ていました。難病を題材にした作品って「死」が多いイメージですが、この作品は「失明」がテーマになっています。確かに「死」は悲しいことですが、「失明」というのもかなり過酷で重いですよね。それまで当たり前に見えていた人、物、景色等の様々なものが見えなくなる。愛する人、愛する家族の姿がわからなくなってしまう。もし自分がそういう状況になったら、と考えると・・・。「死」で終わるよりも却って悲しく感じられました。

少年時代に買ったカメラをきっかけにカメラマンを夢見て、その地位を確立しながら更なる高みを目指していたのに、結局は完全に諦めざるを得なくなった俊介。しかも恋人も離れていってしまい、人生に絶望していく姿がほんと痛々しいです。対して失明の運命を背負っていることがわかっていながらも、俊介を好きになって、俊介の側にいたいと考えるようになり、目指していた医者を辞めることにした四季。この二人、対照的な経緯ではありますが、最終的には自分の夢を捨てます。各話ごとに四季のナレーションがあるのですが、その一つに「夢はいりません。夢がなくても生きていけるから。夢が終わったときのことを覚えていますか?」という、かなり意味深な言葉があります。現代は「夢」という言葉を神聖視している感がありますが、このドラマは、「夢」よりももっと大切なことがあるんだよ、と教えてくれているような気がします。
登場人物の気持ちや想いや行動、それらの変化が一人一人とても丁寧に表現されています。本当にどの役者さんも皆さん自然な演技になっていて全く違和感がない。だからでしょうか、どの場面でも安心して見ていられます。四季の実家(今では珍しいお米屋さん)の食事風景は自然と笑みがこぼれるような温かさがあり、坂の多い長崎の風景はとても素敵でした。ラストの失明のシーンで、俊介の気持ちを考えて、涙をこらえながら笑顔を見せる四季の姿は、何度見ても感動して涙が溢れます。
ただ現実的なことを考えると、二人はこれからが大変なのでしょう。が、このドラマで伝えたかったのは、そんな現実的なものではないと思います。だから、その辺りの表現は敢えてぼかしたのではないかな、と勝手に解釈しています。悲しいハッピーエンドではありますが、納得のいく結末でした。

同級生の男友達を呼び捨てしたり、女友達が未婚の母だったり、やることはやっちゃってる所など、昔の作品に触れている身としては「ちょっと・・・」と感じる部分はありますが、それでも良く出来たドラマだと思います。約10年前の作品ですが、この頃はしっかり作っていたドラマもまだまだあったんだなと実感しました。見終わった後は本当に優しい気持ちになれる、そんな作品です。
しかし、主演の二人はもう他のドラマで見れそうにないですね(笑)四季と俊介のイメージが強すぎて。まあ、今のドラマは全体的につまらなくて見る気しないからいいんですけど。


主題歌『生きとし生ける物へ』


挿入歌『愛し君へ』

拍手

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
管理人
HN:
せた
性別:
女性
趣味:
昔の映画鑑賞/日本史
自己紹介:
マイペースに運営中。
日本の伝統文化や和風な物が好き。
最新記事
教育勅語
連絡先
時計
検索

Copyright (c)徒然なる日々 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]